Birth Fistula

産科フィスチュラ(obstetric fistula)とは?

出産時に赤ちゃんの頭が長時間産道を圧迫することで血流が遮断し、組織が壊死して生じる瘻孔(ろうこう)を指し、分娩遷延または分娩停止の合併症と言われています。 全世界に200万人ものフィスチュラサバイバーがいると言われ、アフリカ・南アジア・中東などでみられる、リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関わる国際的な健康課題のひとつです。

【 5月23日は産科フィスチュラ撲滅国際デー 】

サハラ以南アフリカや中東、アジアの一部の地域で起きる、出産の合併症「産科フィスチュラ」。国際的な健康課題の中でも、特に深刻なのが産科フィスチュラといわれています。この機会に産科フィスチュラに触れてみませんか?

【日時】

2022年5月22日 (日) 20:00 ~ 21:00 +懇親会

【場所】

オンライン

(Zoomリンクは申込の方のみに、前日までにお知らせします) ※録画予定

【参加費】

無料

・寄付付きチケットあり (500円・1000円) ※フィスチュラ患者支援の活動費となります

【申込】

こちらのフォームより。

※peatixが利用できない方はDMください。締切は5月22日 19:00

【内容】

・産科フィスチュラとは

・フィスチュラ患者の証言紹介

・国連人口基金東京事務所 佐藤所長よりフィスチュラの現状報告

・国連人口基金コモロ事務所 後藤さんより現地報告

・エチオピアのフィスチュラ専門病院紹介

・LaLaEARTH活動紹介

・質疑応答&アンケート

・座談会

Read More
Staff

活動のサポーター